スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
入園式
 9月に入って、残暑どころかとても寒くなってきました。
やっとナタリーの日系幼稚園の入園式を終えて、私も、新しい生活に慣れはじめてきているところです。
普通、アメリカのプリスクールは入園式などのセレモニーはないのですが、やっぱり日系の幼稚園なので、みんなそろっての入園式を済ませ、記念写真などもとりました。ナタリーは喜んで幼稚園にかよっています。週3日なのですが、お弁当をもって、お昼まで半日。その間、私はコナーと一緒に遊んだり、家のことをしたりできるようになりました。



 いつもお姉ちゃんについてばかりで、おもちゃの取り合いなどして、けんかをしていても、まねをする対象であるお姉ちゃんがいないと、ナナ、ナナといって、ナタリーの名前を呼んで、ちょっと寂しそうなコナー。幼稚園に行き始めて、コナーの世話も今まで以上にみてくれるようになったナタリー。二人とも成長しているんだなあって思います。



 ナタリーは、まだよくかんしゃくは起こすのですが、すごくよく言うことを聞いてくれるようになりました。幼稚園で覚えた歌などをいつも歌ってくれます。

 最近は、書くネタもあまりなくなってきて、この日記を書く回数も減ってきたので、今回で終わりにしたいと思います。

 今まで読んでくださった方、コメントを下さった方、ナタリーとコナーの成長を見守ってくださってありがとうございました。また、メールなどで連絡を取り合えたらと思います。
 また、お会いできる日まで、お元気で・・・・。

Natalie 02:38 comments(7)
ブリッジ・ペダル
  先週、Jとコナーは、ブリッジ・ペダルといわれるサイクリングイベントに参加してきました。

 このイベントは、自転車の街、ポートランドならでは、だと思うのですが、普段は、車しか通れない道や橋を通行止めにして、自転車だけが走れるのだそうです。レース、とまではいかないけど、みんな、思い思いに自転車で走ったり、子供を連れて散歩したり、といった感じで、去年はナタリーを自転車の後ろに乗せて参加したものの、今年はナタリーが重すぎるのでコナーと一緒です。(その間、女子二人は、ランチを一緒に食べに行ってました。はは!)



 最近、写真を撮るよ、というと、ナタリーのまねをして、ピースをするコナー。これが彼なりのピースらしいです。



 この橋が普段は車しか通れない橋。とっても見晴らしがいい〜。マラソンのように、お水やサンプルのお菓子などが自由に食べられるそうで、コナーはずっと食べっぱなしだったそうです。自転車に乗ってるときは寝なかったらしいですが、家に帰ってきてから爆睡してました。

 毎年このイベントを楽しみにしている自転車好きなJ。ブリッジ・ストライドといって、自転車でなく、ウォーキングできるコースもあるらしいので、私も来年は参加してみようかなあ・・・。



 そして、やっとナタリーのギプスがとれました。3週間って、早かったようで私には長かった。ギプスを取ってもらった後、ナタリーは、まだギプスをしているみたいな格好をしていたので、「もうギプスないんだから、腕まっすぐにしたら?」って言ったら、本人、笑ってました。庭でチューペットを食べる二人。写真の撮り方がへたくそですみません・・・。ナタリーのこの服、私が自分で作ったワンピースです。うふ☆

 余談。こないだ、家族で、チルドレンズミュージアムに行ったときのこと。子供用のスーパーマーケットや、工事現場など、模擬の遊び場があるのですが、その隣にペットの病院がありました。
 犬や猫のぬいぐるみをその病院で見てもらった(模擬ですから)その後、違うところで遊んでいたらナタリーが「駐車場にいってもいい?」といいました。
 駐車場?私たちは車じゃなくって、電車でミュージアムにきたし、なんで駐車場行きたいの?というと、ペットの病院を指差すナタリー。
 駐車場・・・・・って、注射場?
 確かに、注射してもらうところは病院だけど。
 思わず、笑ってしまった私。日本語は難しいなあ。




Conner 12:00 comments(2)
バースデー 2010
  ナタリーも、緊急の処置から無事にギプスをしてもらい、慣れてしまったら本人はまったくギプスでの生活に気にならないようで、走り回っています。

 先日、車で1時間半ほどにある、小さなテーマパーク(めっちゃしょぼかったけど)にいって、はしゃぐナタリー。



 ピンクなので、結構人の注目をあび、同情をかうことも。

 そして、もうすぐ引っ越してきて1ヶ月。庭で、子供たちが自由に遊んでくれるので、私もその間に家のことをしたりできるようになり、ちょっと楽になりました。



 満面の笑み。



 コナーはいつも泥だらけになります。







 それから、ついでですが、8月2日で、私も3☆歳の誕生日を迎えました。J母と一緒のバースデーなので、二人いっぺんにまとめられることが多く、すごーくいやなのですが、仕方がない。今年も、親類の家にいって、夕食をご馳走になり、ダイエットに励む親類の皆様たちなもので、ケーキはなし。その代わり、お世話になっているお友達と一緒におうちランチをして、ケーキを焼いていただきました。いつもありがとう!上の2写真は、夕食のあとにいった、公園で遊んでいる二人です。
 ナタリーはだいぶ聞き分けがよくなってきて、やりやすくなってはきたけど、魔の二歳児にもうすぐ突入するコナーは、本当にやんちゃです。この顔、いたずらしてやる!といっているみたいでしょ?
Myself 12:11 comments(6)
骨折り損の・・・
  新しい家に引っ越してきて、もう1週間が過ぎました。先週1週間は、ナタリーのスイミングキャンプがあったので、午前中は私も自分の時間ができたものの、コナーの相手をしながらの片付けは大変で、学校の場所も遠くなったので、送り迎えで結構時間がとられたりして、思うように行動できず・・・。
 でも、何とかここでの生活も慣れてきて、子供たちものびのびと遊んでいます。
 
 が。

 昨日、ガレージセールがあったので、ナタリーが行っていたレクリエーションセンターにいってみて、ちょこっとセールをのぞいた後、ナタリーとコナーが公園で遊んでいると・・・。
 ナタリーが、うんていに捉まりたい、というので、私も手助けしていて、もう終わり、と私が言ったら、もっとやる!と聞かず、泣き出すナタリー。いつもすぐ泣くし、泣いたらなんとかしてもらえる、という根性がいやなので、「もう、すぐ泣く!」と私も怒って手助けしなかったら、一人でうんていにジャンプしようとし、そこから落ちてしまいました。
 最初、私はなんともない、と思っていたんだけど、激しく泣くナタリー。
 それでも、私の関心をひこうとして、大きな声で泣いているんだと思っていたので、「泣き止みなさい!」と私は一方的に怒っていたのですが、ずっと泣いていて、泣き止まない。
 なので、公園でもっと遊びたいと泣き出すコナーをつれて、車に二人をのせると、ナタリーが、腕が動かない、といって泣いているので、私も心配になってきて、そのまま病院につれていきました。
 でも、待合室の時間が長い、長い・・・。コナーはそのときすでにお昼寝の時間で眠たさ限界だったので、クッキーを食べさせたり、ご機嫌をとっていたのですが、泣いて泣いて、もがいてもがいて、腕をおさえているナタリーと泣きまくるコナーを連れて、レントゲン室にいかされたり、その後でお医者さんを待たされたりで、大変でした。
 で、結局、骨が折れている、といわれて、その日は一応腕を固定してもらうものをつけてもらい、来週ギプスをはめます、といわれて、私もショック・・・。
 コナーは別室で看護婦さんにみていてもらい、ナタリーを私のひざの上にのせて、お医者さんと看護婦さん、私の3人でナタリーの腕と包帯をおさえながらの作業で、やっとナタリーも落ち着いたようでした。
 帰ってきてからも、自分の腕がこんなになってしまったことにショックだったのか、動かずに、言われたとおり、枕の上に腕を置いて、静かにしているナタリー。
 (今までこんなにおとなしかったことなかったよ・・)って思うくらい、おとなしくしてました。
 右腕なので、ご飯も食べられない、トイレも私の手助けがちょっと必要みたいだし、(次の日はもうなれて、ひとりでしてたけど)私も大変です。
 次の日になって、「もう治ったかなー」っていってたけど、おいおい、まだ2、3週間はそのままだよ・・・・。
 お風呂にも入れないし、服も着るもの選ばないといけないし、ギプスがこれほど大変なものとは、今まで大怪我をしたことない私にはわかりませんでした。普通、男の子のほうが怪我が多いっていうけど、本当にナタリーは怪我が絶えません。これを最後にしてくれー。
Natalie 03:39 comments(5)
引越しのお知らせ
  今日、2ヶ月間私たちと一緒に生活してくれたばあばが、ついに、日本に帰ってしまいました・・・。長そうで、短かった2ヶ月。楽しかったことも、けんかしたこともあったけど、子供たちはばあばにとてもよくなついていて、よく遊んでくれて、私も助かりました。寂しいけど、また元の生活が始まります・・・。

 ところで、母がこちらにいる間に決まったことなのですが、J父が購入したおうちに私たち一家が引っ越すことになりました。場所は、今の場所から、5分ほどのところ。J両親の家の隣です・・・。前々から、おうちがほしいと思って、探してはいたのだけど、経済的にも無理かなあ、と思っていた矢先、ぜんぜん考えてなかったようなきれいな大きなおうちなので、びっくりして、私もJもとまどったのですが、子供たちのことを考えても、ずっとここにはいられないと思っていたので、J両親の好意にありがたいと引越しを決めました。
 贅沢なんだけど、とても大きなうちなんですよ・・・。子供たちも一人ずつそれぞれの部屋を持てるし、私も、念願のソーイングルームなるものをもてそうで、すごーく楽しみ!キッチンも広いし、ぜひぜひ、皆さんに遊びに来て欲しいと思います。

 では、とりあえずお知らせまで・・・。
Myself 09:02 comments(5)
カナダ旅行
  久しぶりの更新です。
 5月の最初に、日本から母がきてくれて、一緒に遊びに出かけたり、ナタリーは水泳のクラスを始めたりで、バタバタしていました。

 そして、先日、母も一緒に、みんなで、カナダ・ビクトリアまで4泊5日の旅行にいってきました。
 私は結婚する前に、6ヶ月ほど、ビクトリアに住んでいたので、街は知っているけど、そのときはずっと仕事ばかり、友達もあんまりいなかったので、観光客が行くようなところはぜんぜんいけなかったので、今回の旅行は久しぶりのカナダということもあって、とても楽しみにしていました。
 母は、ヨーロッパを旅行したい、とずっと希望していた人なので、ヨーロッパみたいな歴史のあるものをここで期待するのは無理かもしれないけど、でも、ちょっとヨーロッパ気分を味わえるような旅行がいいな、ということで、お城や、母が好きな庭園などを回ることにしました。



 ワシントン州・ポート・アンジェレスからフェリーで、1時間半。車ごとフェリーに乗れるので、子供連れにはとても便利です。ビクトリアのダウンタウンの真ん中にフェリーが着くので、そのまま、観光にも繰り出せます。



 有名なブッチャート・ガーデン。日本人観光客がいっぱい来てました。



 これも有名なエンプレスホテル。



 ここのアフタヌーンティーがどうしても試してみたかったので、ナタリーと母と私と3人でティーパーティー。とってもおいしかったけど、ちょっとぼったくられたような?まあ、豪華な雰囲気が味わえたからいいけど。



 ダウンタウンから少し離れたところにある、Hatley Castleです。Jにコナーを頼んで、ナタリーと母と3人で、お城の中に入れるツアーにも参加しました。映画 X Menの撮影に使われたそうです。



 そして、これは、ダウンタウンの中心近くにある、Craigdarroch Castle。上のお城を建てた人のお父さんに当たる人が住んでいたお城だそうです。



 Fort Hillにある灯台。昔は、要塞だったそうです。



 まだ2回お昼寝をするコナーには、今回の旅行はちょっと疲れたみたいで、お城などにあんまり興味がないJがコナーのベビーシッターを引き受けてくれて、ずっとおんぶで寝かせてくれたので、感謝感謝です。

 私にとっては、6年ほどぶりのカナダ。ずっと食べたかった、Tim Hortonのドーナツも食べれたし、当時愛用していたRootsの服など欲しかったと思っていたものも買えて、満足でした。そして、ビクトリアに住んでいた頃、働いていたお店や、部屋を借りていたおうちなどにもいってみたのですが、お店にはもう知っている人は誰もいなかったし、おうちは違う人に売られていて、前に住んでいた人がどうしているかはわからない、といわれてしまい、ちょっと寂しかったです。でも、もう6年も過ぎたんだもんなー。当然かもしれないけど。

 天気にはあんまり恵まれず、帰り道なんて、大雨なのに、すごいスピードでフリーウェイを走らないといけなかったので、Jは大変だったけど、みんな無事に帰ってこれて、楽しい旅行でした。

 後1ヶ月、母は私たちの世話をしてくれる予定なので、おもいっきり甘えておきたいと思います。
Myself 06:32 comments(6)
KOOZA

 ずーっと私が楽しみにしていた、シルク・ド・ソレイユのショー、KOOZAを昨日、ナタリーと一緒に見に行ってきました。
 ベガスに行ったときに、すごくいい!と聞いて、ずっと見たいなあと思っていたものの、チャンスがなかったのですが、ポートランドの子供雑誌に載っていたものをみて、すぐにチケットを買いました。ナタリーにはずっと、サーカスに行く、といっていたので、いつも見ているみたいなダンボとかのような、動物がたくさん出てくるものを予想していたみたいなのですが、でも、これは、大人のサーカス?みたいなもの。動物は出てこないけど、面白かったです。
 電車でいったのですが、窓から、黄色と青のとんがりテントがたくさん見えてくると、ナタリーも興奮してました。見ながら食べられるようにと思って、ナタリーのかばんにお菓子をいれておいたのですが、それが食べたかったらしく、ショーが始まって、お菓子を食べていて、それを食べ終わったら、「もういこうか」と、言われて、なんでやねん、とつっこみたくなったけど、ナタリーもすぐにショーにみいっていました。
 残念ながら写真はとれなかったのでないけど、内容としては、フラフープをたくさんもったお姉さんがそれをたくさん体のいろんな部分で回す、とか、アクロバット体操とか、空中ブランコなど、一般的なサーカスのものなんだろうけど、音楽も生演奏だし、衣装もきれいだったし、とても良かったです。
 私が一番面白かったのは、綱渡りのお兄さんたち。4人のお兄さんが、綱渡りをして、自転車で細い綱をわたり、自転車に乗っている二人の肩にまた細い棒をおいて、そこに長い棒を持ったお兄さんがのる、というものなのですが、すごい。本当にすごいんだけど、その芸が終わった後、「おっしゃー!やったったでー!」とでもいいたげな態度で、客席を見渡すその姿がすごく面白かったです。
 子供もたくさんきてました。アクロバットなどの合間に、ピエロたちがでてきて、コメディちっくなことをしてくれるのですが、ナタリーはそれが面白くなかったようで、立ち上がったりしていたけど、でも、それ以外はずっとおとなしく見ていました。帰ってきてから、すごかったねー、面白かったねー、と私がナタリーに話しかけていて、ナタリーが「うん」といってから、椅子の上で逆立ちをしようとしていたのにはびっくりしたけど。
 ほかのシルク・ド・ソレイユのショーもみてみたいなあ、と思いました。お勧めです。

Myself 07:18 comments(2)
チューリップ 2010
 

 今年もまたチューリップフェスティバルに行ってきました。去年と違うチューリップフィールドにチューリップが咲いていて、去年咲いていたところには草ばかり。1年ごとに植え込みをする場所を変えていくんですね。知らなかった・・・。

 
 トラクターに乗ってご機嫌のナタリー。


 コナーもトラクターに。男の子ってやっぱり車がすき?



 似合いすぎ。
 子供たち向けの、遊び場もあって、去年もいったのですが、大人も子供も楽しめます。子供たちは早く遊びたくて、チューリップどころではなかったけど。



 そして、別の日に、オレゴン動物園にいる、ゾウさんのお誕生日に行ってきました。48歳だそうです。動物園に来た人たちに、みんなケーキを配っていて、私たちもいただき、相変わらずのんびりーしているゾウさんを見てきました。久しぶりにいくと、結構楽しいんだけど、ナタリーは毎週のようにJと一緒に動物園にいっているので、もう飽きてきているみたい。コナーはまだ楽しんでいるけど、もうそろそろ、動物に興味がなくなる年なのかなあ。でも、オレゴン動物園は、新しい動物なども来て、改装もいろんなところでされているし、今後も見逃せません。
 
Myself 10:47 comments(3)
イベント続き
  4月は、私たちにとってとても忙しい月です。4月3日は、結婚記念日。10日はナタリーのバースデー・・・。あ、それに税金も戻ってくるし。

 今年で6年目の結婚記念日だったのですが、Jの両親に子供たちを見てもらい、ダウンタウンのおしゃれなショッピング街へ、ディナーにいってきました。たまに二人で映画を見に行ったりすることはあるものの、久しぶりの二人のイベントなので、とても楽しみにしてて、おいしい食事を食べ、その後は、近くのカフェにいって、でっかいチョコレートケーキで、記念日を締めくくりました。

 そして、ナタリーの4歳のバースデー。これは、前回ナタリーがとても楽しんでいた、ピザレストランを予約しました。レストランといっても、ピザは付録みたいなもので、でっかい建物の中に子供たちの遊具がたくさんあるので、子供たちは遊ぶのに忙しくて、ピザなんて食べている暇はない、というところです。中に入ったとたん、ナタリーは遊んでくる!と一人で消えてしまい・・・。私たちはコナーを追いかけるのが精一杯でした。一番ややこしい年頃なもので。
 招待したお友達も楽しんでくれていたようでよかったです。毎年、アメリカの子供たちのパーティをどんなものにするのか考える親御さんたちは大変だなあ、って思うくらい、凝ったものが多いです。この日も、週末だったので、ここも子供たちでいっぱいで、パーティーもほかに4つくらいありました。


 わかりにくいけど、真ん中の白いシャツのがナタリー。お友達もAちゃんと。ね?レストランって言う感じじゃないでしょ?



 モテモテのコナー。今回は、女の子ばかりのパーティーだったので、お姉ちゃんにかこまれて、たくさん遊んでもらって、コナーは、うはうはでした。



 ナタリーのリクエスト、白雪姫のケーキ。見た目は別として、味はとってもおいしい!



 生まれてきて4年間、怪我は耐えないけど、大きな病気をすることもなく、成長してくれてありがたいです。まだまだ悩みは尽きないですが、これからも、明るく元気に大きくなって欲しいというのが、私の願いです。
Myself 01:36 comments(12)
1泊旅行
 

 ずーっと前に、日本で買ったチョコシートで、チョコレートパンを作ってみました。以前にも作ってみたのですが、チョコシートが固すぎて、うまくパン生地の中でおさまらず、厚いところがあったり、うすいところがあったりしたのですが、今回はうまく、うずまきになってくれたので写真にとってみました。賞味期限は、1週間と書いてあるチョコシートだったのですが、密封バッグにいれて、冷蔵しておいたら、結構持ちます。やっぱり焼きたてほやほやのパンはおいしいな〜。コナーもナタリーもばくばく食べてました。菓子パンに飢えている最近の私。



 そして、先日、Jの叔父さんが所有する馬をみにいってきました。叔父さんのワゴンに家族全員乗せてもらって、ビーバートンから1時間半くらいかかるオレゴンシティーというところの馬小屋に週に2,3回世話をしにいくそうです。前は2頭いたのですが、1頭は病気になってしまい亡くなったそうで、今はこのピクサーという馬だけ。馬小屋といって、農家の汚い小さな小屋とかじゃなくって、とてもきれいに整備されている馬のおうち、といった感じ。乗馬をする人のための場所があって、2回のラウンジからそこを見れるようになっていたり、至れりつくせりの、まさにお馬のリゾート。馬は甘いものが好きなんだ、といいながら、アメをあげている叔父さんをみてびっくり。お馬って、甘党だったんですね・・・。
 ナタリーは怖がって、あんまり近寄ろうとしなかったけど、普段はとっても馬好きなんですけどね。コナーは怖いもの知らずだから、近寄っていくんだけど、かまれると怖いからって、離そうとするのが大変でした。

 それから、ビーバートンから2時間半近くのドライブで、オレゴンの海岸町、ニューポートにいってきました。


 天気が悪かったので、いい写真ではないけど、「アメリカで一番小さい港」(世界で、だったっけ?)って書いてありました。ほんとかどうか知らないけど。
 これは本通りの横にある堤防から。大きな波がくると、ばっしゃーん!とでっかい潮吹雪がきて、そばにいる人たちは、テーマパークにある水のアトラクション並みにぬれていました。


 
 本通から、少し車でいったところに立ち寄って、海のそばまでいってみました。夏にはにぎわっているだろうレンタルハウスも静かでしたが、結構安くでおうちを一軒借りられるそうです。

 1泊旅行だったので、ホテルのプールで泳いだりして楽しかったのですが、水族館に行く予定だった次の日は、あいにくの雨になってしまい、水族館にはいったものの、すぐに帰ってきました。子供を連れての旅行って大変だけど、楽しかったです。また天気がよくなってきたら行きたいナー。
Myself 11:11 comments(0)
1/19 >>
Every day ife with Natalie, Conner and me
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Favorite
Favorite
Blogpet
Other